二重手術

二重手術について

目の形で顔の印象は大きく変わります。
当クリニックでは、【埋没法】・ 【切開法】の2種類の手術を行っています。

  • 埋没法

    まぶたをメスで切らずに二重まぶたを作る方法です。当クリニックでは、結膜側から髪の毛より細い糸を通して皮膚側で結ぶ「皮膚側結紮法」で行っています。利点は、ダウンタイムが短いこと、修正が容易であることです。一方、欠点としては、時間経過とともに徐々に重瞼幅が狭くなり消失することがあります。

  • 切開法

    まぶたの一部分を切開し、二重を作る方法です。まぶたの皮膚や、脂肪の除去も同時に可能で、永久的な二重まぶたを作ることができます。
    比較的まぶたの状態に左右されず、永久的な二重を作れることがメリットです。一方、術後のまぶたの腫れが2~3週間持続すること、一度形成した二重を修正することが困難なことなどがデメリットとして挙げられます。

『だいぞうクリニック 皮ふ科・形成外科』の
二重手術

当クリニックの二重手術は手術顕微鏡を用いて行うのが特徴です。肉眼ではなく、顕微鏡下にて施術を行うことでより精密な切開・縫合が期待できます。結果的に傷跡や腫れが最小限で、精緻なデザインをご提供可能です。

所用時間は30分程度。抜糸は基本的に手術から5日~1週間後。メイクなしでも、1ヶ月前後で傷跡はほとんど目立たなくなります。

二重手術の流れ

  1. Step01初診・手術説明

    一般診察日に受診をしてください。

    • 予約制ではありません。一般診察日に受診可能です。
    • ご要望・お悩みをカウンセリング。その上で適した手術をご提案します。
    • 手術計画に問題がなければ、術前診察日・手術日のご予約をお願いします。
  2. Step02術前診察・手術説明日

    • 当日の手術の流れや費用の説明を行います。
    • まぶた部分は「ノーメイク」でのご来院をお願いします。
    • カラーコンタクトおよびまつげエクステは外しておきましょう。
    • ご予約時間に遅れるとキャンセルとなります。他の患者様のためにも時間厳守でお願いします。
  3. Step03手術当日

    手術当日は、まぶたにガーゼなどを貼りますが、術翌日から外して洗顔やシャワー浴も可能です。
    腫れや皮下出血を抑えるため、術当日から3日目まではしっかり冷却することを指導しています。術翌日一度診察させていただき、問題なければ、5日~7日目に抜糸を行います。腫れの影響が数週間~半年程度ある方もいらっしゃいますので、その後も定期的に通院していただきます。

ダウンタイム、
副作用について

まぶた周囲の薄い皮膚の下には毛細血管が密集しているため、術後の腫れや皮下出血斑が数週間から半年程度持続する方もいらっしゃいます。また副作用としては、出血や皮下血腫、感染に加え、挙上不十分、閉瞼困難、左右のアンバランスなどが挙げられます。
その際修正手術なども可能ですが、十分に腫れがひいた時点で再度確認したのちに判断することをお勧めしています。