皮膚科

dermatology

皮膚科とは

皮膚は「人体最大の臓器」とも呼ばれ、様々な外的な刺激から物理的、免疫学的に保護する大切な役割を担っています。


このシステムが破綻すると、様々な症状が生じるため、適切な内服薬と外用薬を選択して治療します。

皮膚は「人体最大の臓器」とも呼ばれ、様々な外的な刺激から物理的、免疫学的に保護する大切な役割を担っています。


このシステムが破綻すると、様々な症状が生じるため、適切な内服薬と外用薬を選択して治療します。

湿疹、かぶれ、乾燥肌などの治療

皮ふは、人間の体表面を覆い、細菌やウィルスなどの外的な刺激から保護し、水分の喪失や透過を防ぐなど生命の保持に重要な役割を持ちます。そのため「人体最大の臓器」と呼ばれます。

しかし、この皮ふのバリア機能が破綻すると、水分保持ができず乾燥肌を引き起こしたり、細菌やウィルス、花粉、ハウスダストなどの侵入を許すことにより、異物を排除しようと炎症反応を引き起こします。
ここで問題になるのが、人間のからだは、異物だけでなく、異物の付着した皮ふごと排除しようとするのです。この状態を「湿疹」「皮膚炎」と呼び、様々な臨床像を呈します。
治療は、ステロイド外用剤を段階的に用いて皮膚の炎症を落ち着かせることと、最終的には保湿剤のみで皮膚のバリア機能を強化し、よい状態を維持することを目標とします。

にきびの治療

にきび(尋常性ざ瘡)は、一生のうち90%以上の方が一度は経験するとされる、日常でごくありふれた疾患のひとつです。その発症因子として、ホルモンバランス、皮脂分泌、角化異常、細菌感染の4つが重要であると言われています。にきびは誰でもできるから、と病院を受診することを躊躇される方も多いのですが、実は初期治療を誤ったり放置したりすると、にきび跡として残る場合があります。
2015年以降、にきび治療薬に抗菌作用、角質剥離作用などを有する新薬が登場するなど、治療の選択肢も広がっています。
治療に難渋されている方は、一度当院へご相談ください。あなたの症状に応じて、保険診療を中心にしながら、自費診療も含めていくつかの治療法を提案させていただきます。

足のウオノメ、タコ、巻き爪の治療

ウオノメ、タコは、いずれも物理的な圧迫や摩擦などの反復刺激によって、角質が固くなってしまった状態です。

立ち姿や歩き方などと密接に関係しているため、完治させることは難しいですが、定期的に受診していただくことで、よい状態をキープできます。
特に糖尿病の既往のある方は、痛みがなく放置されることがありますが、皮下でキズをつくり、感染の原因になることもあるので、早めに治療した方が安心です。
また、巻き爪や陥入爪も、足の変形、歩き方の癖、不適切な爪の切り方やハイヒールの着用などが原因で起こる、爪の変形、皮ふに爪が食い込んだ状態のことを指します。
痛みや腫れを伴うことで、歩行困難や日常生活に影響を与えることもあります。
当院では、痛みが少なく早期に治癒が可能な手術、自費診療の巻き爪ワイヤー治療まで、あなたに最適な治療法を提案させていただきます。

イボの治療

手足にできる感染性のイボのことを尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)といいます。 ヒトパピローマ・ウイルスの感染により生じ、触るとうつってだんだんと数が増えてきます。治療は1-2週間に1回、液体窒素で冷凍凝固処置を行うのが一般的です。


ただし、少し痛みを伴う治療ですので、小さなお子様に対しては痛みの少ない方法を組み合わせて治療していきます。1回で完治することは少ないため、根気よく治療に臨むことが大切です。

〒933-0857 富山県高岡市木津624-1

診療時間 月  火  水  木  金  土 日・祝
9:00-12:00--
13:30-15:00手術手術手術-手術手術-
15:00-18:00--

※木・日曜日・祝日は休診日です。
※△:土曜日午後15:00 – 17:00

診療時間

TIME

午前   9:00 – 12:00

午後 15:00 – 18:00

土曜日午後

 15:00 – 17:00

休診日

HOLIDAY

木曜日

日曜日・祝日

診療科目

MEDICAL

皮膚科

形成外科

美容皮膚科

まぶたセンター