電話
WEB問診
お問い合わせ

皮膚科

皮膚科について

皮膚のトラブル全般に対応
症状に応じた適切な処置を心がけています

皮膚は「人体最大の臓器」と呼ばれ、様々な外的刺激から人体を保護する大切な役割を担っています。このシステムが破綻すると、様々な症状が皮膚疾患として表れます。

当クリニックでは、丁寧な問診および視診を中心に、必要に応じて検査を行います。検査内容を基に、適切な内服薬と外用薬を選択して治療します。患者さまの症状に応じて、保険診療を中心にしながら、自費診療も含めていくつかの治療法を提案させていただきます

代表的な疾患

下記疾患以外の診療も行っております。
気になる症状があれば、お気軽にご相談ください。

  • 湿疹、かぶれ、乾燥肌

    皮膚は「人体最大の臓器」と呼ばれます。それは人間の体表面全体を覆っていて、生命活動を行う上で重要な役割を持つからです。簡単に紹介するだけでも、細菌やウィルスなどから守ったり、水分の流出を防いだりしてくれます。
    しかし、何らかの要因で水分が無くなり、乾燥肌を引き起こすと、皮膚のバリア機能が破綻します。結果的に、細菌、ウィルス、花粉、ハウスダストなどの侵入を許してしまうのです。そのような異物を皮膚ごと排除しようとして「湿疹」「皮膚炎」などが生じます。そのため、治療においては、炎症の程度に合わせたステロイド外用剤を用います。皮膚の炎症を落ち着かせつつ、保湿剤を用いることで、皮膚のバリア機能を回復させることが大切です。

  • にきび

    にきび(尋常性ざ瘡)は、一生のうち90%以上の方が一度は経験するとされる、日常でごくありふれた疾患のひとつです。ホルモンバランス、皮脂分泌、角化異常、細菌感染が主な発症因子です。病院を受診することを躊躇される方も多い疾患ですが、実は初期治療を誤ったり放置したりすると、にきび跡として残る場合があります。 2015年に抗菌作用、角質剥離作用などを有するにきび治療薬が登場し、治療の選択肢も広がっています。また、当クリニックでは、美容皮膚科も併設しておりにきび跡の治療も可能です。にきび、にきび跡にお悩みの方は、ご相談ください。

    にきびの治療

  • ウオノメ、タコ

    圧迫や摩擦などが繰り返されることで、皮膚の角質が硬化した状態です。偏った姿勢で歩いたり、同じ動作を繰り返し行ったりすると、発症リスクが高まります。個々人の生活習慣が大きく関係してくるため、完治が難しいのは事実です。しかし、定期的に受診していただければ、ウオノメ、タコは少しずつ良い状態に改善できます。ウオノメやタコに関しては、特に糖尿病の既往のある方は要注意です。免疫力が弱っているため、ウオノメやタコが原因で傷となり、感染症を引き起こすことがあります。

  • イボ

    手足にできるイボ(尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい))はヒトパピローマ・ウイルスの感染によって生じます。感染力が強く、触った箇所を中心にどんどん数が増えて行く傾向にあります。イボ治療においては、液体窒素で冷凍凝固処置を行うのが一般的です。イボ治療は痛みを伴うものの、できるだけ当クリニックでは痛みの少ない方法も組み合わせて対処いたします。1回で完治することは少ないため、1~2週間に1回来院していただき、少しずつ症状の改善を目指します。

    いぼの治療

症例紹介へ 料金表はこちら