よくある質問

Q&A

形成外科

Q 手術~手術後の流れ、その後のフォローアップについて教えてください。

手術はすべて部分麻酔を用いた日帰り手術です。腫瘍の大きさや手術の内容にもよりますが、基本的には術翌日から洗顔、シャワー浴がOKです。術後問題なければ、5日~7日目に抜糸を行います。摘出した組織は、詳しい病理検査へ提出します。病理検査結果は、7日以上かかることもありますので、抜糸時に結果がそろっていない場合は、後日説明します。

Q ダウンタイム、副作用などについて教えてください。

傷あとは必ず残りますが、なるべく目立たない形にします。術後3ヵ月~半年くらいかけて少しずつ成熟した白い傷あとになります。その間、紫外線などの外的刺激が加わりますと、色素沈着が残存することもありますので、露光部や間擦部では遮光テープの併用などを推奨しています。

Q 手術後の流れ、フォローアップについて教えてください。

術後皮ふの下に血液がたまらないように、細いチューブ(ドレーンといいます)を挿入し、ガーゼを分厚く当てて圧迫します。そのため、術後数日ドレーンが抜けるまで通院が必要となります。(通院日数は個人差があります。)シャワー浴は、ドレーンが抜けた翌日から創部を濡らさないようにしてOKです。7日目に抜糸を行います。

Q 手術後の流れ、フォローアップについて教えてください。

ワキの比較的薄い皮ふの下に毛細血管が密集しているため、術後の出血や皮下血腫が合併症として存在します。そのため細いチューブ(ドレーンといいます)を挿入し、ガーゼを分厚く当てて圧迫することで予防します。また、その他合併症としては、わきの下の汗腺と同時にわきげの毛根の剪除も行うため、脱毛や減毛も生じます。

美容皮膚科

Q 永久脱毛について教えてください。

日本において永久脱毛に対する明確な定義はなく、アメリカでは`permanent hair reduction`つまり、「永久的な減毛」といった表現がされます。感覚としては「ほとんど目立たないレベルまで」、「お手入れがしやすくなるまで」といった方が正しいと思います。

Q 痛みはありますか。

痛みには個人差がありますし、照射部位によって痛みを感じやすい部分と感じにくい部分があります。希望者には麻酔クリームの併用も可能です。いつでもご相談ください。

Q 通院回数について教えてください。

当院では、まずは毛周期にあわせて8週間に一度、5回の照射をお勧めしています。そのうえで間隔をあけて、残存した体毛をターゲットに追加照射を行います。

Q ダウンタイム、副作用について教えてください。

照射後赤くなったり、ヒリヒリした感じがしばらく持続することがあります。特に日焼けした皮ふに照射をすると、副作用が強く出ることがありますので、照射をお断りすることもあります。当院では、診察後に肌質や肌のコンディションにあわせた出力を設定し、副作用が生じないように十分にケア致します。

まぶたセンター

Q 手術後の流れ、フォローアップについて教えてください。

手術当日は、まぶたにガーゼなどを貼りますが、術翌日から外して洗顔やシャワー浴も可能です。腫れや皮下出血を抑えるため、術当日から3日目まではしっかり冷却することを指導しています。術翌日一度診察させていただき、問題なければ、5日~7日目に抜糸を行います。腫れの影響が数週間~半年程度ある方もいらっしゃいますので、その後も定期的に通院していただきます。

Q ダウンタイム、副作用などについて教えてください。

まぶた周囲の薄い皮ふの下には毛細血管が密集しているため、術後の腫れや皮下出血斑が数週間から半年程度持続する方もいらっしゃいます。また副作用としては、出血や皮下血腫、感染に加え、挙上不十分、閉瞼困難、左右のアンバランスなどが挙げられます。
その際修正手術なども可能ですが、十分に腫れがひいた時点で再度確認したのちに判断することをお勧めしています。

Q 手術後の流れ、フォローアップについて教えてください。

術当日は、まぶたにガーゼなどを貼りますが、術翌日から外して洗顔やシャワー浴も可能です。腫れや皮下出血を抑えるため、術当日から3日目まではしっかり冷却することを指導しています。術翌日一度診察させていただき、問題なければ、5日~7日目に抜糸を行います。腫れの影響は数週間~半年程度ある方もいらっしゃいますので、その後も定期的に通院していただきます。

Q ダウンタイム、副作用などについて教えてください。

まぶた周囲の薄い皮ふの下には毛細血管が密集しているため、術後の腫れや皮下出血斑が数週間から半年程度持続する方もいらっしゃいます。また副作用としては、出血や皮下血腫、感染に加え、挙上不十分、閉瞼困難、左右のアンバランスなどが挙げられます。
その際修正手術なども可能ですが、十分に腫れがひいた時点で再度確認したのちに判断することをお勧めしています。

Q 保険診療と自費診療の違いを教えてください。

まぶた周囲の薄い皮ふの下には毛細血管が密集しているため、術後の腫れや皮下出血斑が数週間から半年程度持続する方もいらっしゃいます。また副作用としては、出血や皮下血腫、感染に加え、挙上不十分、閉瞼困難、左右のアンバランスなどが挙げられます。
その際修正手術なども可能ですが、十分に腫れがひいた時点で再度確認したのちに判断することをお勧めしています。

                       保険診療自費診療
手術の手順や内容自費診療と変わりありません。 但し、脱脂や内眼角切開などの美容的な要素を含んだ手術の併用はできません。                                               
術後のフォローアップ自費診療と変わりありません。
術後の補償ありません。術後1年まで修正手術のご相談をお受けします。
料金 保険点数に準じます。 別ページ料金表をご覧ください。
皮膚やキズのお悩みについて
お気軽にお問い合わせください。

〒933-0857 富山県高岡市木津624-1

診療時間 月  火  水  木  金  土 日・祝
9:00-12:00--
13:30-15:00手術手術手術-手術手術-
15:00-18:00--

※木・日曜日・祝日は休診日です。
※△:土曜日午後15:00 – 17:00

診療時間

TIME

午前   9:00 – 12:00

午後 15:00 – 18:00

土曜日午後

 15:00 – 17:00

休診日

HOLIDAY

木曜日

日曜日・祝日

診療科目

MEDICAL

皮膚科

形成外科

美容皮膚科

まぶたセンター